BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

婚活ではLINEより電話が今は特別な感じがする

2021/07/27

コロナの影響で、「出会えない」と諦めて婚活を休む人と、コロナ禍だからこそ「出会いたい」「出会える」と考えて婚活する人がいます。

 

40代・50代・60代の婚活をサポートしている、結婚相談所Allegroの福徳です。

 

コロナ禍でも、Allegroでは2021年7月、3組の幸せなカップルが誕生しています。中高年・シニア世代中心の少数定員制の結婚相談所としては、大変うれしい出来事です。

 

婚活は直接「会う」ということで、ご縁を育んでいくと思われていましたが、コロナ禍で少し考え方も変わりました。

 

コロナ感染予防を配慮したデート、会えない代わりに電話やZoom・ビデオ電話を利用してコミュニケーションをとっていく方が増えました。

 

LINEを誰もが使うようになってからは、電話を使うことが無くなり、親しい友人とも電話で話すこともほとんどなくなっているこの頃です。

 

LINEを利用して約束を決めることに慣れてしまっているわたしたちです。

 

コロナ禍で、直接会えないだけでなく、会話する機会が減っているので、電話で話すことにはお相手との関係に【特別】なものを感じるような気がします。

 

電話で話すことは億劫だと思ってしまう方もいるかもしれませんが、結婚してパートナーとなる方は、一番身近な人となります。そのお相手との会話を嫌がっていては、ご縁を繋ぐことも難しいのではないでしょうか。

 

デートの約束を電話で話して決める、ということから始めると、意外と電話のハードルが下がって、お相手との距離を縮めていくこと間違いなしです。

 

★お相手に電話で話せる時間を尋ねる

 

★話す時間は「5分」、内容は次回のデートについてと、前もって伝えておく

 

5分の電話の時間を躊躇するような人はほとんどいませんし、5分という短い時間であれば、会話につまるようなことも、沈黙で間が持たないということもないでしょう。

 

こうして、少しずつ電話での話しを二人のコミュニケーションツールにすることで、親しさが増し仲良くなって幸せな結婚へとつながっている方もいるのです。

 

ぜひ、電話を使ってご縁を深めていってください。

 

結婚相談所Allegroでは、40代・50代・60代の方の婚活・恋愛の無料カウンセリングをお受けしています。

お気軽にご相談ください。